トップページ   >   環境について

環境について

環境イメージ

《環境方針》
サン食品株式会社の経営理念は、「健康と自然」をテーマとして安全とおいしさ」を追求しながら、食品の製造を通じて、地域社会の発展に寄与することです。この理念のもと、健全な環境を守ることが私たちの社会的な責任であるという認識を持ち、環境方針に基づき環境保全活動を推進します。

  • 1. 環境保全及び保護のために、省資源・省エネルギー及び廃棄物の削減に取り組み、CO2排出の低減に努めます。
  • 2. 環境マネジメントシステムを確立し、環境保全と企業課題の継続的な改善と汚染の予防を行います。
  • 3. 環境の保全に関して適用される法規制、その他の同意事項及び自主基準を守ります。
  • 4. 環境目標を設定し、定期的又は必要に応じて見直しを行い、継続的改善を図ります。
  • 5. 環境方針は、全従業員に周知徹底すると共に、広く一般へも公開します。

 

サン食品株式会社  代表取締役社長  清川 継一朗

 

  環境への取り組み

サン食品では、環境に関する自主基準を設定し、環境保全活動に取り組んでいます。
特に地球温暖化防止、資源の有効利用の観点からエネルギー使用の合理化によるCO2排出削減、
製品製造過程の各段階における廃棄物の削減、廃棄物の3R(リデュ-ス、リユ-ス、リサイクル)促進を行っています。

  2017年までのエネルギーへの取り組みについて

近年のエネルギー価格の高騰や電力のピークカット(節電)要請に対応するため全従業員が一体となり、省エネル
ギー及び節電に取り組んでいます。
電気使用量 6.4%削減、水使用量 5.3%削減、ガス使用量削減 3%削減(2016年対比)

エネルギー使用量の推移

※エネルギー使用量・・・原油換算エネルギー使用量の合計

 
ページトップへ